旧xHamster

BDSM ポルノストーリー

トランスセクシュアルの学校 JP

BDSMニューハーフ

トランスセクシュアルの学校 実際、私はこの考えを持っていませんでした。私は、みんなが狂ったような話を読んで、女の子とすべてのものになりたい。私の話ではない。私はしたくないと思った、私はするつもりはなかった。 Guev - ピダラサミと呼ばれ、大きなおっぱいの女の子を夢見ていた。 しかし何とか間違っていた。それはすべて学校で始まった。 体育のレッスンの1回後、私はロッカールームに少し留まりました。誰もが去ったが、私はちょうど衣服を交換し始めた。私はちょうど私たちの地元のフーリガンがロッカールーム、私たちの学校の中で最も傲慢に来る方法を身に着けていた。彼らは私よりも年上で、繰り返していました。良いことは何も私にはあてにしなかった。 彼らは私のことに関係なく、自分の仕事を持っているようでした。そして私は彼らが私を見ていないように背の高い部屋にしっかりと座って、静かに去って行きたがっていました。 そして、ここで私は静かにそこで何をしているのか聞いて、そこにいくつかのショートパンツに座っています。そして突然、鼻がくしゃくしゃになってしまい、くしゃみをしたいと思った。私は戻っていたが、私はまだくしゃみをしていた。それが私が自分自身を通過した方法です。 彼らはロッカールームの終わりを見ました。そこには私の部屋があり、私のパンティーで私を見ました。… 続きを読む

投稿者 Aleshka 7ヶ月前 8,853

熟女ひろ子への変態淫行旅行 第4章

BDSMハードコア熟女

第4章 彼女の腕を後ろ手に縛り、「さあ、これから熟女ひろ子のSEX祭りだ~!楽しんでくれよぉ~。」彼女は悲しそうな表情で目を伏せた。 布団に後ろ手に縛られ横たわる彼女の足を広げ、股間に入り亀頭を彼女のオマンコにあて、アングルも意識しながら、 「さあ、いくぞぉ!」と一気に根元まで挿入した。 生暖かい蜜壷のヒダが男のチンポに纏わりついてくる。全体を包み込まれるようななんとも言いがたい感触だ。 「ううう、あ゛ぐっ、・・・・!」奥まで入ったのか、痛かったのか、彼女は身をよじらせ呻いた。 「さあ、今の俺が早漏かどうか、自分で感じて確かめろ!」男は叫び、リズミカルに腰を彼女の股間に打ち付けた。 濡れそぼった彼女のオマンコはチンポの出し入れで「じゅぼっ、じゅぼっ」といやらしい音を立てている。 また垂れ下がった玉袋も彼女の尻肉にあたり、パンパンと音がする。リズミカルに動く男の息遣いと彼女の呻く声などがバランスよく、和室の部屋に響き渡る。 「おおっ、気持ちいいぜ!お前も感じているようだな?愛液が溢れてるぞ!」 チンポの出し入れに伴い、白濁した汁がチンポに纏わりついてくる。そして、それは彼女の肛門の方まで、流れていた。 男はアングルを意識して体位を変えて、カメラに出し入れが写るようにしたり、足を持ち上げたりと色々な角度で録画… 続きを読む

投稿者 hetappy 7ヶ月前 20,942 85%

熟女 ひろ子への変態淫行旅行 第3章

BDSMハードコア熟女

第3章 ただ男は冷静に考えた。このままの体勢で彼女に挿入をするのは非常に危険なのと、激しく勃起し続けている男のチンポの感度は既に限界が きており、入れただけで出でしまうという、トラウマの解消どころか、逆に惨めな結果になることを男はわかっていた。 また、彼女の両足もキツく拘束されているためか、帯も足首に食い込み鬱血してきている。 すでに行為を始めて1時間以上が経過しており、時計の針は1時を回っていた。 ここで男は小休憩を取ることとした。彼女の拘束を解き、テーブルから下ろし、布団に寝かせた。彼女は丸まるように横になって寝ている。 男はいきり立ったチンポと興奮を冷ますため、部屋の風呂で冷水をチンポに当ててクールダウンを図ることとした。 タバコを吸い、ビールを開けて飲みながら次の事を考えていた。男はこの後どうするかシュミレーションをしていたのだ。 インターバル後、彼女を起こし、テーブルに座った男にフェラチオ奉仕をさせる。無論、その様子も完全録画しながら、喉奥まで押し込み 苦しんで吐き出す様を想像していた。 が、彼女はフェラチオが下手くそで正直、早漏の男もフェラチオでイカされたことは一度も無かった。しかし、動画撮影のフェラチオは絶対必要 素材であるため、女が意識朦朧としているので主導的な動きにならず、あまり画にならないこと… 続きを読む

投稿者 hetappy 8ヶ月前 12,758 100%

熟女 ひろ子への変態淫行旅行 第2章

BDSMハードコア熟女

第2章 そして男は彼女を見下ろすように立ち上がった。 「さあ、これから熟女ひろ子の変態拘束ショーの始まりだ!想像したことも無い様な恥かしいことをしてやるからな! 素っ裸にひん剥いて、熟女ひろ子のオマンコご開帳といこうか!良い声出して楽しませてくれよ~!」 そう言って男は、ビデオの録画ボタンを押し、彼女の浴衣を脱がせ始めた。 ブラを剥ぎ取ると、小ぶりのおっぱいが現れた。何人の男に吸われたのだろう。黒ずんだ乳首は年季の入った大豆大の大きさだ。 しかし、乳輪は小さめで、形も昔ほどの張りは無いが熟女の割には過去の形状を保っており、垂れたり崩れてはいない。 男は彼女の乳房を2、3度揉みしだいて感触を確かめた。 そしてパンティに手を伸ばし一気に引き下げた。若干、白いものが見え隠れする彼女の茂みは以前に盗撮した 時と同じ、下っ腹に広がる程の剛毛だ! 部屋は和室。畳8畳の広さだ。真ん中に木製で日本風のテーブルがある。 男はテーブルの上に置いてあった酒の空き缶や食べかけのつまみなどをささっと手早く片付けた。 男は立ち上がり、昏睡状態で素っ裸にひん剥かれた彼女を抱きかかえ、テーブルの上に仰向けに寝かせた。 これから男に何をされるのか・・・眠っている彼女には知る由もない。 男はまず彼女の両手をテーブルの足に浴衣の… 続きを読む

投稿者 hetappy 8ヶ月前 8,817 94%

熟女 ひろ子への変態淫行旅行 第1章

BDSMハードコア熟女

第1章 季節は秋になっていた。男は女と会うために、ある地方都市の温泉地を訪れていた。 男が予約したのはリーズナブルな値段の温泉付きホテルだ。 ホテルの部屋は洋室・和室の種類があったが、男は和室を選択した。ある目的のためだ。 男はこの日の為に、様々なシチュエーションを検討していた。ホテルの客室の画像を見て 家具やテレビの位置までホテルに電話して下調べを綿密に行っていた。 男の年齢は50歳。普通のサラリーマン。 現在は、単身赴任である地方都市に住んでいる。 男には昔から、ある特殊な変態的嗜好があった。 若い頃から部屋に連れ込んだ女とのSEX行為を盗撮するというものだ。 結婚して子供が出来てからは、もっぱらその対象は妻となっていた。 彼の妻は淡白でSEXしないでも、全く問題ない女だった。それでも男の要求に応え彼の部屋で月に2回ほどSEXをしていた。 男はその全てをWEBカメラや隠しスマホなどで撮影していた。そのコレクションは既に100本を超えている。 しかし、単身赴任となって既に4年が経過。彼は撮影どころかSEXする相手もいない寂しい生活を送っていた。 そんな中、男はある時、あるSNSを始めようかと思い立った。 これまで利用しなかったのは、仕組みが理解できないのとSNSにプライベートを晒すのに抵… 続きを読む

投稿者 hetappy 8ヶ月前 11,807 83%